相続税を節約したい 今の事業を後継者に譲りたい 遺言書の書き方を相談したい 資産を効率よく活用したい 相続に伴って生命保険を見直したい

新着情報

RSS

相続時精算課税−その1(概要)

2012/08/20 

相続時精算課税
(1)概要
  贈与税の課税制度には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあり、一定の要件に 該当する場合には、相続時精算課税を選択することができます。
 この制度の仕組みは次のとおりです。
  ‖M浸に贈与財産に対する贈与税を納める。
  △修梁M深圓亡くなった時にその贈与財産の贈与時の価額と相続財産の価額とを合計し   た金額を基に計算した相続税額を計算します。
  A蠡垣任ら既に納めたその贈与税相当額を控除することにより贈与税・相続税を通じた   納税を行うものです。
(2)適用対象者
  贈与者は65歳以上の親、受贈者は贈与者の推定相続人である20歳以上の子とされています

  http://www.facebook.com/ACT.TAXOFFICE
前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

相続についてお悩みの方へ
失敗しない相続手続き相談
遺言書の書き方
事業継承についてお悩みの方へ
事業承継支援
これだけは押えておきたい事業継承の流れ
不動産有効活用
  • 公式Facebookページ
  • twitter