相続税を節約したい 今の事業を後継者に譲りたい 遺言書の書き方を相談したい 資産を効率よく活用したい 相続に伴って生命保険を見直したい

「今の事業を後継者に譲りたい。」

中小企業の経営者の高齢化が進む中、「現状の事業運営で手がいっぱい」等と先送りしているケースをよく目にします。

非上場会社の株式等は換金性が乏しいにもかかわらず、高額な相続税評価額となるケースが多く見受けられます。
そのため、現オーナー社長から後継者に自社株式を承継する際には多額の相続税、贈与税や譲渡所得税の負担が発生し、事業承継の大きな弊害となっていました。

平成21年度税制改正において、非上場株式に係る相続税・贈与税について納税猶予制度が創設されました。

▲ページのトップに戻る

相続についてお悩みの方へ
失敗しない相続手続き相談
遺言書の書き方
事業継承についてお悩みの方へ
事業承継支援
これだけは押えておきたい事業継承の流れ
不動産有効活用
  • 公式Facebookページ
  • twitter